TEL052-571-6346 CONTACTお問い合わせ

rainwear

高い防水性と着心地の良さ、品質管理の徹底を追求

当社のレインウェアは、雨天時にも安心・快適に作業を行っていただけるよう、高い防水性と着心地の良さ、品質管理の徹底を追求しております。
その結果、鉄道、工事現場、電設関連、消防、飛行場、また公官庁など多方面でご採用いただいております。

レインウェアの特徴

  • 不快感や蒸れ感を軽減する、超軽量で通気性の良い素材を使用しております。
  • どなたにもジャストサイズのレインウェアを着ていただけるよう幅広いサイズ展開の製品もございます。
  • 反射帯を取り付けて夜間の視認性を高めた製品もございます。
  • レインウェアの色や反射帯の素材を自由に組み合わせられる製品もございます。

カスタムレインについて

Detailレインウェアに必要な機能

防水性

裏面にポリウレタンや塩化ビニール(PVC)をコーティングし、雨などの水の侵入を防いだ性能のことです。すべての縫い目にシームテープを貼り、水の侵入を防ぎます。

コーティング 風合い 耐久性 摩擦強度 軽さ 浸湿性
ポリウレタン(PU)
塩化ビニール(PVC) ×

耐水性

生地の防水性能を数値で表したもので、一般的な使用シーンでは、10,000mmが必要です。

撥水性

水を弾く性能のことです。繊維の一本一本に撥水剤を含ませることで生地に付着した水滴を弾きます。
時間が経つと撥水剤の効果が落ちますが、市販の防水スプレーで性能の維持ができます。使用方法によって機能が低下する場合がありますので、長時間水に浸かる場合などはご注意ください。

透湿性

レインウェアの内側にこもった汗や水蒸気をポリウレタンコーティングを通して外側に逃がす性能のことです。船橋のレインウェアは、水を通さず汗の蒸気だけを排出する素材を採用しております。
24時間で1㎡あたりの生地からどれだけ水分を通せるかを数値化したものが「透湿度」で、2,000g/m2・24hのように表します。

How to careレインウェアのお手入れ方法

  • 洗濯について

  • 保管について

撥水素材が低下した場合

市販の撥水スプレーをご使用ください。ウェアが汚れておらず、乾いていることを確かめてから、30cmほど離して全体がしっとり濡れる(液ダレしない)程度に均一にスプレーして完全に乾かしてください。
特に透湿素材は、撥水能力が低下しますと雨が浸透する原因となります。ご注意ください。