TEL052-571-6346 CONTACTお問い合わせ

interview

新入社員も挑戦させてもらえるので、
いち早く成長を実感できます。

冨田 咲良

冨田 咲良

採用形態
新卒採用
所属
年齢
23歳
入社して
2年目

Q. 学生時代の自分は?

もともと人見知りしがちな性格だったのですが、海外ボランティアに参加したことがきっかけで自分を変えたいと思い、「なんだかワクワクする!」と思ったイベントに足を運んでいました。その結果、学生時代に社会人や学外の同世代と関わることが多くなり、気付けば人見知りを克服していました。(笑)

Q. 入社のきっかけは?

就活時代にお世話になった就職支援団体のメンターの方からの一言が決め手になりました。会社のことを知れば知るほど胸が高鳴ったことを今でも覚えています。また、社長とお話する中で、強い使命感を感じたこともきっかけの一つです。

Q. 入社前の仕事選びの軸は?

「楽しく働くことができる職場か」「ニッチな業界であるか」「日常生活で目にする身近なものを扱っているか」の軸で就活していました。今思うと、かなり曖昧ですね。(笑)
勤める会社のネームバリューによる自慢ではなく、自身で仕事の楽しさを語れるようになりたいと思っていました。

Q. 現在の仕事内容は?

仕事内容が幅広いので一言で説明するのは難しいですが、ダイバーシティ担当として、就労支援施設と連携して誰もが働きやすい会社を追求しています。他には、産官学協働(産業・行政・学校が一体となって取り組む事業)で企業課題を解決する「三か年プロジェクト」や、国内工場の業務・作業環境をより良くするための業務もしています。

Q. 入社前と入社後のギャップはありましたか?

もちろんありました!(笑)
むしろあって当然かなと思います。そのギャップはこれから改善すれば良くなる可能性がある部分=伸び代だと考えています。ギャップがあることを前提に、許容できる内容かどうかを見極めることが大切だと思います。
先輩社員の声 冨田 咲良

Q. 船橋ならではの魅力は?

なんといっても社長との距離が近いことです。意見を求められるとドキッとしますが、新入社員であっても活躍できる場を設けてもらえるので、いち早く成長を実感できます。学生時代には想像もできなかった仕事が舞い込んできたりします。

Q. 入社して、やりかったことをどのように実現できていますか?

まだまだ道のりの途中ですが、小さな実現の積み重ねが大きな目的達成に近づくと信じて取り組んでいます。
まずは今、目の前にある問題に対して、一歩一歩前進できるよう頑張ります!

Q. 仕事をする上で大事にしていることは?

「いつでも上機嫌でいること」です。どんな状況でも話しかけやすい雰囲気の人でありたいなと思っています。やはり、新入社員からすれば先輩や年上の方に話しかけるときには勇気が必要です。親しみやすく安心感のある人を目指しています。

Q. 仕事で実現したいことは?

これまで社内で蓄積されてきた知恵や工夫が最大限に活用される仕組みを作ることです。得意・不得意に関わらず、誰もが働くことができる職場を実現するため、今は作業の効率化や標準化を目標にしています。

Q. 将来のビジョンは?

社会人になってから「冨田さんは聞く力があるね」とおっしゃっていただける場面がありました。この力を育てつつ、困っている人に寄り添って的確なアドバイスができる頼りがいのある人になりたいと思っています。

Q. 船橋の社員はどんな人?

常に前向きな方が多いです!また、茶目っ気のある方が多く、笑い声の絶えない職場です。仕事の相談から私生活の相談までできるほど仲がよく、距離も近いんですよ。

Q. 仕事で感じたやりがいや感動エピソードを教えてください。

入社して初めて任された、補助金申請の書類を書くときのことです。当時の私は何が分からないかも分からない状態。「自分には責任が重すぎる……」と感じ、泣きながら電車に乗ったこともあります。無事に申請書が採択され、購入できた機械の活躍を見た時は、やりがいを感じました。

Q. 新入社員に求めることは何ですか?

上司や先輩からアドバイスされたことをすぐに取り入れる素直さ。そして何か判断に迷った場合は一人で抱え込まず、隠さず伝える率直さです。分からないことは時として武器にもなります。

Q. 学生のみなさんに一言!

ぜひ学生時代に多くの社会人と触れ合ってみてください!
社会人って、想像以上に楽しいですよ。

Q. 仕事で尊敬する人は?

誰とは言わないですが。(笑)
機転の利いた気遣いができる人、細やかな声掛けや丁寧なアドバイスができる人!
知識や経験が豊富で、相手のことをよく見ているからこそできることだと思います。

Q. 仕事のどんなところが好きですか?

取り組んだことの結果を直に確認できることです。例えば毎月発行している社内報。渡した瞬間に読んで下さる方や、「毎月楽しみにしているんだよ」とおっしゃってくださる方もいます。些細な反応が日々のやりがいに繋がっています。

Q. 船橋のイチオシポイント!

お互いに、「相手を喜ばせたい」という思いが強いところです。
納涼会や忘年会恒例の出し物大会では毎回時間枠がすぐに埋まります。
また、社員旅行や遠足などの行事は社内の意見をもとに手作りしているんですよ。そのおかげもあってか、どちらも驚異の参加率です。
先輩社員の声 冨田 咲良2

Q. 学生時代に熱中したことは?

海外旅行です。大学生時代はバックパッカーに挑戦したり、留学中の友人に会いに行ったりと、9ヵ国に行きました。大学の留学生寮のサポーターとして、一年間、6ヵ国約30名の留学生達と共同生活を送ったりもしていました。

Q. 学生時代の経験で、今の仕事に活かされていることは?

複数の視点を持つことです。何か問題が発生した際に、どちらか一方のみに原因があることは稀です。相手の意図や求めていることを理解して、お互いが納得する方法を考えてきた経験が活かされているかなと感じています。

Q. 失敗談をひとつ教えてください。

とあるプロジェクトの報告会で、ウトウトと居眠りしてしまったこと。
しかも隣は社長……「眠り姫」というあだ名が名付けられました……。今でもいじられますが、昼食は白米を抜くという対策を行い、あれから居眠りはしていません!

Q. ある日の仕事の様子

午前:考える作業(頭が冴えている午前中に取り組むようにしています!)
午後:資料作成、計画の実行など

一覧へ戻る