TEL052-571-6346 CONTACTお問い合わせ

blog

レインウェアの耐水圧 その①

こんにちは

船橋株式会社です。

今回は弊社のレインウェアの耐水圧について紹介します。

耐水圧とはどれくらい水が浸み込まないかを数字で示したものです。

具体的な例を挙げると、雨の日に使う傘は250㎜~500㎜です。

では、レインウェアにはどれくらいの耐水圧があればいいのでしょうか?

雨量が1㎜くらいの小雨の場合、求められる耐水圧は1,000㎜です。

また、雨量が20~30㎜の大雨の場合、求められる耐水圧は10,000㎜です。

さらに、雨量が100~200㎜の台風の場合、求められる耐水圧は20,000㎜にもなります。

レインウェアを選ぶ基準として、耐水圧を見てみるのも良いかもしれません。

船橋株式会社のレインウェアは耐水圧が10,000㎜を超える商品を多数揃えています。

レインウェアのページから確認してみてください。