沿革
大正10年 初代社長舟橋勝治が名古屋市中村区志摩町に於いて防水布製造販売(現在のレイン部門)を主に創業
昭和26年 船橋防水布株式会社設立
昭和32年 長者町繊維問屋地下街に出張所開設
名古屋市中村区向島町に第一期縫製工場を新設
昭和35年 ワーク部門を新設し、主に工場作業用品を扱う
レイン部門に於いて実用雨衣「ゴールドタイガー」ブランドを開発制作
昭和41年 名古屋市中村区向島町に第二期縫製工場を建設
昭和47年 名古屋市中村区名駅5丁目に本社ビル完成
同時にレジャー部門に進出、主にゴムボートを取り扱う
昭和50年 資本金1,600万円に増資
愛知県地震対策委員会にて雨衣供給会社に指定される
昭和51年 名古屋市中村区向島町に第三期縫製工場完成
昭和53年 舟橋浩(現会長)社長に就任
昭和55年 東レエントラントとの業務提携により、レジャー部門にて「ノエット」ブランドを開発制作
昭和60年 不動産部門として(株)志摩ビル建設及び、そのテナントビルを名古屋市名駅3丁目(国際センタービル前)に完成
平成元年 レジャー部門として、ゴアテックスと業務提携し、東海地区雨衣の代理店契約
平成3年 当社ブランド「GTトップ」ナイロンウェアを制作・拡販
平成5年 ワーク部門としてワーク商品の取り扱いを増し強化する
平成11年 資本金3,000万円に増資
平成13年 創業80周年を迎える
平成14年 レインウェアの生産拠点として、中国に進出
平成15年 舟橋昭彦、社長に就任。舟橋浩、会長に就任。
平成16年 業務基幹システムを一新、社内LANを導入する
平成17年 環境保護に取り組み、エコロジー商品の企画開発に取り組む
平成22年 安全をコンセプトにした商品の企画開発に取り組む
平成23年 創業90周年を迎える

ページの先頭へ戻る▲